成分、害のある成分

成分、害のある成分記事一覧

【危険】クレンジングで目がかすむ、目に入った。原因、対策

クレンジングで目がかすむ、目に入った。原因、対策洗顔が終わった後、目の前が白くなったり、目がかすむ事はありませんか?それが続くようでしたら危険です。クレンジングで目がかすむ原因や、目に入ったらどんな病気になるのかを紹介します。またクレンジング剤が目に入ったときの対処方法も紹介します。クレンジング剤が...

≫続きを読む

 

【注意】クレンジング剤が目や口に入るときの対処方法

クレンジング剤が目や口に入るときの対処方法みなさんはクレンジングしていて、クレンジング剤が目や、口に入ると言った経験をしたことないですか?目や口に入ると言った経験をした事のある人は意外に多いのです。そんなときどう対処すれば良いのでしょうか?どんなクレンジングが良いのでしょうか?それぞれ詳しく説明しま...

≫続きを読む

 

クレンジングで顔がピリピリする、赤くなる3つの原因と対策

クレンジングで顔がピリピリする、赤くなる3つの原因と対策クレンジングの後、顔がピリピリする、赤くなる。そんな症状になったことありませんか。その原因は洗顔料、クレンジング剤に問題あります。顔がピリピリする、赤くなる3つの原因と、どんなクレンジングを選べば良いか紹介します。クレンジングでピリピリする、顔...

≫続きを読む

 

クレンジングの害、悪い成分。どんな種類を選べば良い?

クレンジングの害、悪い成分。どんな種類を選べば良い?よくクレンジングは、お肌に悪いと言われています。でもメイクするとクレンジングをしない訳にはいきません。クレンジングは良くないかも知れないですが、メイクを落とさないのも悪いです。クレンジングしないと、汚れが毛穴に詰まり、くすみ、角質の原因になり、お肌...

≫続きを読む

 

【危険】ポリエチレン入りクレンジング!良いクレンジングとは?

ポリエチレン入りクレンジングは良くない!良いクレンジングとは?クレンジングに含まれるポリエチレンは、お肌に良いのでしょうか?結論から言うと良い訳はありません。ではなぜ良くないのでしょうか。詳しく説明します。ポリエチレンが配合されていないクレンジングなら良いのでしょうか?いいえ。そんなこともありません...

≫続きを読む

 

クレンジングのパッチテストの方法と低刺激のクレンジング

クレンジングのパッチテストの方法と低刺激のクレンジング新しいクレンジングを使うときは、お肌に合わないかも知れないのでパッチテストが必要です。クレンジングが合わないと、顔がピリピリしたり、赤くなる事もあります。刺激が強いと思えるクレンジングを使うとき、敏感肌の人は特に、パッチテストをした方が良いです。...

≫続きを読む

 

クレンジングしないのは逆効果。しないときの6つの症状とは?

クレンジングしないのは逆効果。しないときの6つの症状とは?クレンジングはお肌への刺激が強いから、クレンジングしない方が良いのでは。そんな風に思ってしまいます。しかしこれはとんでもない間違いです。クレンジングをやめるのは逆効果です。クレンジングしないとどうなるのか6つの症状を紹介します。またクレンジン...

≫続きを読む

 

【危険】角質がボロボロ落ちる。毛穴の角栓を取るクレンジングとは?

角質がボロボロ落ちるのは危険。毛穴の角栓を取るクレンジングとは?クレンジングの中には、角質がボロボロ落ちると言うのがあります。しかしこれはお勧め出来ません。これはピーリング効果を狙っています。しかしピーリングはお肌に良くありません。その理由を紹介します。変わりに角質はボロボロ落ちないですが、毛穴の汚...

≫続きを読む

 

レシチンはクレンジングに不向き!安全?欠点とは?

レシチンはクレンジングに不向き!安全?欠点とは?クレンジングに配合されているレシチンとは、どんな成分なのでしょうか?レシチンとは安全なのでしょうか?レシチンには欠点があり、クレンジング剤には不向きです。その理由を紹介します。そもそも界面活性剤は必要でしょうか?鉱物油も界面活性剤も不使用で、良く落ちる...

≫続きを読む

 

パラベンフリー、7つの無添加クレンジング。30秒で洗う

パラベンフリー、7つの無添加クレンジング。30秒で洗うパラベンフリーでなおかつ7つの無添加、弱酸性のクレンジングを紹介します。洗浄力は高いのに、お肌への刺激は弱く、30秒で洗うクレンジングです。今までに無い画期的なクレンジングです。パラベンフリーだけではないパラベンフリーで、着色料、合成香料、鉱物油...

≫続きを読む