クレンジングで良いもの、良くない物とは?お肌を守るために

クレンジングで良いもの、良くない物とは?お肌を守るために

クレンジンで、
良いもの、良くない物の違いとは何?

 

一般的なクレンジングは、
洗浄力と刺激が比例して
良いものが中々ありません。

 

そこでクレンジングで良くない物、
良いものの見分け方を紹介します。

 

そして最後に、
全ての良い条件を満たしてくれる
クレンジングを紹介します。

 

クレンジングで良いもの、良くない物とは?お肌を守るために

 

クレンジングで良いもの

クレンジングで良いものとは?

 

界面活性剤などが入ってなく、
お肌への刺激が弱い物。

 

洗浄力が高いので、
ゴシゴシこすらなくて良い物。

 

この両方を兼ね備えたクレンジングが、
良いものです。

 

良いものについては後で詳しく説明します。

 

 

 

クレンジングで良くない物

良くないクレンジングとは、
先ほどとは逆です。

 

界面活性剤などが入っていて、
お肌への刺激が強い物。

 

洗浄力が弱く、
ゴシゴシこすらないと汚れが落ちない物。

 

どちら満たせば良くないクレンジングです。

 

しかし一般的なクレンジングは、
どちらかを満たしています。

 

 

 

一般的なクレンジングは、
洗浄力を高めるために界面活性剤を入れています。

 

しかしこの界面活性剤はお肌への刺激が強いです。

 

ですので、洗浄力とお肌への刺激は比例します。

 

洗浄力が高いのは、お肌への刺激が強く、
お肌への刺激が弱いのは、洗浄力が低いです。

 

界面活性剤が入っていて洗浄力が高い
代表的なクレンジングがオイルタイプです。

 

他のタイプのクレンジングにも、
界面活性剤は含まれています。

 

 

 

だからと言って界面活性剤が無い
クレンジングを選ぶと、
低刺激ですが、
洗浄力が弱いです。

 

汚れが取れないクレンジングを使っていると、
ゴシゴシこすってしまします。

 

ゴシゴシこする事で
敏感肌になりやすくなります。

 

また汚れが取れないからと
何度も洗う事で、
お肌の必要は皮脂を奪い、
乾燥肌になります。

 

代表的なクレンジングは、
ミルクタイプのクレンジングです。

 

 

 

ミルクタイプのクレンジングにも、
様々な商品があります。

 

ゆっくり丁寧に洗う事で、
毛穴の汚れも落ちやすいです。

 

保湿効果もあるので
乾燥肌の人には良いです。

 

ですが急いで洗おうとすると、
ゴシゴシこすり、
お肌に良くありません。

 

またミルクタイプでも、
良くないクレンジングを買うと、
洗浄力が弱いので、
いつまでも汚れが落ちず、
いつまでもヌルヌルする事があります。

 

 

 

良いもの?良くないもの?

クレンジングの中には、
洗浄力とお肌への刺激を両立した
クレンジングがあります。

 

それがクリームタイプや
ジェルタイプのクレンジングです。

 

しかし界面活性剤は入っています。

 

お肌への刺激と、
汚れ落ちのバランスを
取るように配合されています。

 

ですので、洗浄力が良く、
お肌への刺激が低いというのではなく、
バランスが取れるように界面活性剤などが
配合されています。

 

つまり洗浄力、お肌への刺激、
少しずつ妥協し、
バランスが取れるように
作られています。

 

ですので良くないとも、
良いものとは言えません。

 

ではどうすれば良いのか?

 

 

 

本当に良いクレンジングとは?

ここに良くないクレンジングの特徴を
解決したクレンジングがあります。

 

つまり界面活性剤を含まないのに、
洗浄力が高いクレンジングです。

 

ですので低刺激です。

 

しかし洗浄力は高いです。

 

ではなぜ界面活性剤が入っていないのに、
洗浄力が高いのでしょうか?

 

 

 

その答えは、
こんにゃくスクラブにあります。

 

こんにゃくスクラブとは、
赤ちゃんの体を洗うスポンジにも
使われていると言う成分です。

 

ですので低刺激です。

 

そのこんにゃくスクラブが
汚れを吸着してくれるのです。

 

そのこんにゃくスクラブを潰さないように、
優しくクルクルと軽くなじませるだけで、
メイクによる油性汚れから、
水溶性の汚れ、
毛穴の汚れの汚れまで吸着してくれます。

 

そのため低刺激で、
ゴシゴシこすらなくても、
30秒で汚れを落としてくれます。

 

そのクレンジングが、
リダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

でも特徴はそれだけでは無いんです。

 

リダーマラボのモイストゲルクレンジングの特徴を紹介します。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント

 

 

 

W洗顔しなくていい

リダーマラボのモイストゲルクレンジングは、
W洗顔は必要ありません。

 

ファンデーション、日焼け止め、皮脂汚れ、
マスカラ、アイライン、ドーラン、口紅など
全てこれ1本で取ってくれます。

 

リダーマラボのモイストゲルクレンジングは、
それだけではありません。

 

毛穴の汚れまで取ってくれます。

 

メイク落とし+洗顔+毛穴の汚れが、
これ1本でできます。

 

つまりW洗顔をした後、
毛穴の汚れを取っている人も居ると思いますが、
それも必要ないのです。

 

リダーマラボのモイストゲルクレンジングは、
角栓の汚れ(いちご鼻)も綺麗にしてくれます。

 

 

 

くすみ、いちご鼻にも

リダーマラボのモイストゲルクレンジングは、
こんにゃくスクラブが、
毛穴の汚れも吸着してくれます。

 

知らず知らずのうちに、
毛穴に汚れは蓄積しています。

 

毛穴に汚れがたまると、お肌はくすんできます。

 

毛穴の汚れを取る事で、
お肌がワントーン明るくなります。

 

また同様に鼻の毛穴に汚れがつまると、
いちご鼻になります。

 

毛穴の汚れを取ってくれるので、
いちご鼻にも効果的です。

 

長く使うことで毛穴の汚れにも効果。

 

 

 

6つの無添加&弱酸性で低刺激

一般的な洗浄力の高いクレンジングには
界面活性剤が配合されています。

 

しかし界面活性剤はお肌への刺激が強いです。

 

リダーマラボのモイストゲルクレンジングには、
界面活性剤は配合されていません。

 

着色料、合成香料、鉱物油、
石油系界面活性剤、エタノール、
パラベン、紫外線吸着剤が不使用です。

 

更に弱酸性です。

 

バリア機能を守りやさしく洗いあげます。

 

 

 

濡れた手でもOK

リダーマラボのモイストゲルクレンジングは、
濡れ手でもOKです。

 

手が濡れていてもOKなので使い勝手が良いです。

 

またお風呂場で使うことも出来るので、
メイク落としもより簡単になります。

 

保湿成分たっぷりなので、
しっとり洗い上がります。

 

ですので洗いあがった後、
つっぱる事もありません。

 

 

 

美容液成分で、しっとり、もちもち

クレンジングすると、つっぱると言う人は多いです。

 

しかしリダーマラボは、
つっぱるどころか、しっとり潤います。

 

しっとり

リダーマラボには厳選された
美容液成分が99.3%も配合されていて、
W洗顔時の5倍も潤いをキープします。

 

まるで美容液で洗うような潤い実感。

 

W洗顔したときとの、お肌の水分蒸発量と
比べると5倍以上の差があります。

 

 

 

まとめ

クレンジングで良いもの、良くない物を説明しました。

 

一般的なクレンジングは、
界面活性剤が配合されています。

 

しかしこの界面活性剤はお肌への刺激が強いです。

 

だからと言って界面活性剤が無い
クレンジングを選ぶと、
低刺激ですが、
洗浄力が弱いです。

 

良いものは界面活性剤を含まないのに、
洗浄力が高いクレンジングです。

 

それがリダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

こんにゃくスクラブが汚れを吸着してくれるので、
こすらなくて良いのです。

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント