クレンジングに茶色のごま油でも良い。温めなくても良い

クレンジングに茶色のごま油でも良い。温めなくても良い

ネットで、ごま油のクレンジング方法を調べると、
太白ごま油を使い、
一度鍋で温める方法(キュアリング法)が
良く紹介されています。

 

「でも普段のごま油ではダメなの?」

 

「熱せずにそのまま使ってはいけないの?」

 

そんな疑問が生まれてきます。

 

私の考では、そんな事しなくて良いと思います。

 

その理由を詳しく説明します。

 

また手作りのクレンジングの使い方を紹介します。

 

また手作りのクレンジングの4つの欠点を紹介します。

 

 

茶色のごま油はダメ?熱しないとダメ?

クレンジングに使える油は、
ごま油だけではありません。

 

オリーブオイル、ホホバオイル、
グレープシードなど、
いろいろな油を使うことが出来ます。

 

これらの油はそのまま、
メイクの上に塗ります。

 

ではなぜメイクの上に油を塗ると
クレンジングの効果があるのでしょうか?

 

ごま油だけ、なぜ熱しないと行けないの?

 

 

 

メイクは油で出来ています。

 

水を塗ってもはじくだけです。

 

ですので油汚れは油で取ります。

 

メイクに水を塗ってもなんともなりませんが、
油を塗ると、油とメイクが結びつき
メイクは崩れ始めます。

 

ですので油にそれほど、
こだわる必要は無いと思います。

 

ですので茶色のごま油を、
そのままクレンジングとして
使っても良いと思います。

 

また油を熱することは、
酸化を促進させるので良くありません。

 

ごま油は酸化しにくい油ですが、
熱しない方がいいのではないでしょうか。

 

キュアリング法は、お肌へ浸透させる、
アーユルヴェーダなどに使う方法ではないでしょうか。

 

もし嫌な場合は、
オリーブオイル、ホホバオイル、
グレープシードなどのオイルを、
そのままクレンジングとして
使えばいいです。

 

 

 

問題はこの後です。

 

油は水をはじきます。

 

ですので水で洗い流す事が出来ません。

 

拭き取るしかありません。

 

市販のクレンジングはどうして洗い流せるのか?

 

それは界面活性剤を含んでいるからです。

 

界面活性剤が水と油を結びつけます。

 

しかし界面活性剤は、
お肌への刺激が強いので、
入っていない方が良いです。

 

 

 

手作りのクレンジングの使い方

1.オイル(オリーブオイル、ホホバオイル、
グレープシード、ごま油など)を手に取り、
顔に載せて、
指で優しくクルクルさせて、
メイクとオイルを馴染ませます。

 

2.馴染ませた後は、
ティッシュなどで拭き取ります。

 

3.ティッシュで拭き取った後、
蒸しタオルで拭き取っても良いです。

 

4.洗顔料で洗顔します。
お風呂ですると簡単です。

 

 

 

手作りのクレンジングの4つの欠点

手間がかかる

手作りクレンジングは油のみで、
界面活性剤が入っていません。

 

ですので洗い流す事ができません。

 

拭き取ることは手間が掛かります。

 

それだけではなく拭き取ることで、
更に3つの欠点が生まれます。

 

その欠点について紹介します。

 

 

メイクなどが残り、くすみの原因になる

拭き取る場合、
拭き取りが不十分になり、
お肌や毛穴に汚れが残りやすくなります。

 

完全に拭き取ることが出来ずに、
メイクやクレンジングが
毛穴に残りやすくなります。

 

少しずつ毛穴にメイクやクレンジングが
残ることで、お肌のくすみの原因となります。

 

これは市販のクレンジングでも言えますが、
汚れは少し残ります。

 

拭き取る場合は特に汚れが残りやすくなります。

 

 

皮脂汚れも残り、角栓の原因になる

洗顔の時に皮脂がしっかり洗い流せてないと、
その皮脂が空気に触れる事で酸化して、
角栓になり、黒くなります。

 

鼻に角栓ができると、いちご鼻になります。

 

また油は時間が経つと酸化するので、
しっかり拭き取り、洗い流さないといけません。

 

 

摩擦でお肌を傷つける

拭き取るときの摩擦でお肌を傷つけます。

 

ですので優しく拭くようにしたいですが、
なかなか取れない、
速く拭き取ろうとすると、
どうしても強く拭いてしまいます。

 

出来るだけ優しく拭きたいですが、
普通に拭いていても、
摩擦でお肌を傷つけます。

 

かといって優しく拭いていると、
汚れが残りやすくなります。

 

 

 

手作りのクレンジングの欠点を克服

手作りのクレンジングは、
界面活性剤を含まないので、
拭き取らないと行けない手間があります。

 

拭き取ることで、
メイクなどが残りやく、
くすみ、角栓の原因になります。

 

摩擦でお肌を傷つけます。

 

ではどうすれば良いのか?

 

 

 

汚れが良く取れて、
界面活性剤などを含まず、
お肌への刺激が少ない
クレンジングがあれば良いと思いませんか?

 

汚れを吸着してくれるクレンジングなら、
ゴシゴシこすらなくていいので、
お肌への刺激が少ないです。

 

毛穴の汚れまで取ってくれると、
毛穴に汚れが残ることがありません。

 

そしてW洗顔も必要なし、
短時間でクレンジングできればなお良いです。

 

それらを全て叶えたのが、
リダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

リダーマラボのモイストゲルクレンジングの特徴は、

 

  • W洗顔しなくていい
  • 毛穴の汚れも取ってくれる
  • こすらなくていい
  • 30秒スピーディー
  • 美容液成分99.3%で、しっとり、もちもち
  • 6つの無添加&弱酸性で低刺激
  • 敏感肌でも大丈夫
  • 濡れた手でもOK
  • まつエクにも使える

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント

 

 

 

まとめ

ネットで調べると、
クレンジングでごま油を使うときは、
太白ごま油を使い、
一度鍋で温める方法(キュアリング法)が
良く紹介されています。

 

しかしそんな事をする必要はあるのでしょうか?

 

オリーブオイル、ホホバオイル、
グレープシードなどの
オイルはそのまま、
クレンジング剤のように使えます。

 

しかし欠点があります。

 

拭き取らないと行けないので手間がかかる。

 

メイクなどが残りやく、くすみの原因になります。

 

皮脂汚れが残りやすく、角栓の原因になります。

 

摩擦でお肌を傷つけます。

 

これらを全て解決してくれるのが、
リダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント