クレンジングの害、悪い成分。どんな種類を選べば良い?

クレンジングの害、悪い成分。どんな種類を選べば良い?

よくクレンジングは、
お肌に悪いと言われています。

 

でもメイクするとクレンジングを
しない訳にはいきません。

 

クレンジングは良くないかも知れないですが、
メイクを落とさないのも悪いです。

 

クレンジングしないと、
汚れが毛穴に詰まり、
くすみ、角質の原因になり、
お肌を傷めて、老化を早めます。

 

 

ではクレンジングの何が害なのでしょうか?

 

悪い成分は何?

 

どのタイプのクレンジングならが害がない?

 

などについて詳しく説明します。

 

クレンジングの害、悪い成分。どんな種類を選べば良い?

 

クレンジングの悪い成分

界面活性剤

クレンジングで悪い成分で
一番に思い当たるのが、
界面活性剤です。

 

この界面活性剤はほとんどの
クレンジングに配合されています。

 

ですのでほとんどのクレンジングは、
良くありません。

 

では界面活性剤は何のために
配合されているのでしょうか?

 

界面活性剤とは
普段結びつかない水と油を
結びつけるために必要なのです。

 

メイクは油なので油でないと落とせません。

 

水で落とそうとしても落ちません。

 

しかしこの油であるメイクは、
油で落としますが、
その後、水で洗い流そうとしても、
洗い流せません。

 

ですのでここで水と油を結びつけてくれる
界面活性剤が必要なのです。

 

界面活性剤があるから、
簡単に水で洗い流せるのです。

 

しかしこの界面活性剤は、
お肌への刺激が強いと言う欠点があります。

 

 

着色料

名前の通り色を付けるものです。

 

着色料は食品にも含まれていますが、
クレンジングに色を付ける必要はないので、
ない方が良いです。

 

 

合成香料

天然香料とは違い、
化学的に合成したものです。

 

これもクレンジングに必要ありません。

 

 

鉱物油

植物油、動物油脂などがあり、
鉱物油とは、
石油などから作られた油の事です。

 

鉱物油はお肌への刺激が強いです。

 

メイクは油なので、
水では落ちません。

 

油は油を落とす必要があります。

 

ですのでほとんどのクレンジングには、
油が入っています。

 

 

エタノール

エタノールとはアルコールの一種です。

 

エタノールは、
拭き取るタイプのクレンジングに
よく使われています。

 

お肌への刺激が強く、
敏感肌の人はエタノールが
配合されているのは使わない方が良いです。

 

 

パラベン

防腐剤の一種です。
食品やシャンプー、
化粧品にも含まれています。

 

 

紫外線吸着剤

紫外線吸収剤は、
皮膚の表面で紫外線を吸収し、
化学的にエネルギーに変えて、
放出します。

 

お肌の内部へ紫外線が
侵入するのを防ぎます。

 

紫外線吸収剤は、防御力が高い分、
お肌への刺激は強いです。

 

化粧品に入っていても、
クレンジングには必要ありません。

 

 

 

これらの成分が配合されて居ず、
弱酸性であるクレンジングが良いです。

 

ではクレンジング剤の種類と、
それぞれの害について詳しく説明します。

 

 

 

クレンジングの種類と害について

クレンジングにはいろいろな種類があります。

 

その種類と、
それぞれの特徴、害を紹介します。

 

 

オイルタイプ

オイルクレンジングは、
洗浄力が高いのが特徴。

 

油分も界面活性剤を多く含むので、
お肌への刺激が強いです。

 

刺激が強いので敏感肌の人には
向いていません。

 

お肌の脂分も奪い、
乾燥もしやすくなります。

 

オイルクレンジングは、
ささっと洗うので、
毛穴に汚れが残ります。

 

 

ミルクタイプ

ミルクタイプのクレンジングは、
お肌への刺激が少ないです。

 

しかし洗浄力は良くないので
ゴシゴシこする事で、
敏感肌になりやすくなります。

 

ゆっくり丁寧に落とす事で、
毛穴の汚れも落ちやすいです。

 

良くないクレンジングを買うと、
汚れがなかなか落ちない、
いつまでもヌルヌルすると
言う欠点があります。

 

保湿効果もあるので
乾燥肌の人には良いです。

 

 

ローションタイプ

ローションタイプのクレンジングは、
コットンに含ませて使うクレンジングですが、
エタノールなどの刺激の
強い成分が含まれている物もあります。

 

手軽にクレンジング出来るのですが、
拭き取るとき摩擦でお肌を傷つけます。

 

優しく拭いても摩擦が生じ、
お肌によくありません。

 

またローションタイプは、
拭き残しが起きやすいです。

 

残ったメイクや皮脂は毛穴に詰まります。

 

しっかり何度も拭くと、
時間がかかり、
お金も掛かります。

 

最近では良いものもでていて、
アルコールフリーや、
汚れを浮かすタイプもあります。

 

 

クリームタイプ

クリームタイプのクレンジングは、
油分と界面活性剤のバランスが良いので、
汚れが落ちやすいのに、
お肌への負担が少ないです。

 

バランス良いのですが、
汚れ落ちは多少さがり、
お肌の負担も少しあります。

 

乾燥しにくいので、
乾燥肌の人に良いクレンジングです。

 

濡れた手では使えません。

 

 

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは、
汚れが落ちやすいのに、
お肌への刺激が少ないタイプです。

 

白濁したのはクリームタイプに近いです。

 

透明なものは界面活性剤が多いので、
お肌への負担が大きいです。

 

濡れ手では使えません。

 

 

 

この中でどれが良い?

 

と言われたらどれも良くありません。

 

洗浄力が高いのはお肌への刺激が強いです。

 

洗浄力が弱いのは、
ゴシゴシ洗ったり、
何度も洗う事で、
敏感肌、乾燥肌になりやすくなります。

 

どれも良くないとなったら、
どうすれば良いの?

 

 

 

ここに洗浄力は高いのに、
悪い成分を全て排除した
クレンジングがあります。

 

界面活性剤が配合されていないので、
お肌への刺激が弱いです。

 

また着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、
パラベン、紫外線吸着剤も不使用で弱酸性です。

 

バリア機能を守りやさしく洗いあげます。

 

こすらなくても30秒で汚れを落としてくれます。

 

それがリダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント

 

 

 

リダーマラボのモイストゲルクレンジングの特徴

リダーマラボは、
こんにゃくスクラブが
汚れを吸着してくれるので、
こすらなくて良いのです。

 

しかも30秒とスピーディーです。

 

ファンデーション、日焼け止め、皮脂汚れ、
マスカラ、アイライン、ドーラン、口紅など
全てこれ1本で取ってくれます。

 

短時間なので、まつエクしていても大丈夫。

 

メイク落とし+洗顔+毛穴の汚れが、
これ1本でできます。

 

W洗顔不要で、毛穴の汚れ、
角栓まで取ってくれます。

 

界面活性剤など入って居ず、
7つの無添加で、弱酸性で低刺激です。

 

しかも99.3%が美容液成分なので、
まるで美容液で洗うような潤い実感。

 

つっぱるどころか、しっとり潤います。

 

エイジングケア成分42種配合されていて、
ハリ、透明感アップ。

 

手が濡れていてもOKなので、
お風呂場で使うことも出来ます。

 

至れり尽くせりのクレンジングです。

 

それがリダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

 

 

まとめ

クレンジングの悪い成分を説明しました。

 

クレンジングの種類と害についても紹介しました。

 

オイルタイプ、ミルクタイプ、ローションタイプ、
クリームタイプ、ジェルタイプ。

 

これらは全て一長一短あり、お勧めできません。

 

 

洗浄力は高いのに、
悪い成分を全て排除した
クレンジングがあります。

 

こんにゃくスクラブが
汚れを吸着してくれるので低刺激です。

 

界面活性剤、着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、
パラベン、紫外線吸着剤も不使用で弱酸性です。

 

それがリダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント