クレンジングのパッチテストの方法と低刺激のクレンジング

クレンジングのパッチテストの方法と低刺激のクレンジング

新しいクレンジングを使うときは、
お肌に合わないかも知れないので
パッチテストが必要です。

 

クレンジングが合わないと、
顔がピリピリしたり、
赤くなる事もあります。

 

刺激が強いと思えるクレンジングを使うとき、
敏感肌の人は特に、
パッチテストをした方が良いです。

 

しかしクレンジングのパッチテストは、
化粧品などのパッチテストと少し違います。

 

その方法を紹介します。

 

クレンジングのパッチテストの方法と低刺激のクレンジング

 

クレンジングのパッチテスト

働いている場合は、
朝、お化粧をすると、
夜まで落としません。

 

しかしクレンジングは、
刺激が強く、
1〜2分程度で洗い流します。

 

ですので薄めずに
パッチテストをすると、
塗った部分が赤くなってくるのは当然です。

 

化粧品と同じ方法でパッチテストは出来ません。

 

 

 

クレンジングのパッチテストの方法

1.精製水や蒸留水で薄めたクレンジングを、
絆創膏のガーゼ部分に塗ります

 

2.二の腕などに貼る

 

3.そのまま2日ほど放置して経過を見ます

 

腫れ、かゆみ、赤みなどの
異常が無ければ使っても大丈夫です。

 

石鹸やシャンプーなどでも
同じようにパッチテストができます。

 

 

 

化粧水、乳液、口紅、香水などのパッチテストは、
薄めずに絆創膏のガーゼ部分に塗って使います。

 

化粧品も薄めずに二の腕などに直接塗り、
24時間ほど放置します。

 

それで大丈夫なら、
フェイスラインに少量塗り、
パッチテストして下さい。

 

もし異常が起きたらすぐに洗い流して下さい。

 

 

 

クレンジングの悪い成分

クレンジング剤はお肌に刺激が
強い成分が配合されています。

 

そんなお肌に良くない成分を紹介します。

 

着色料

名前の通り色を付けるものです。

 

着色料は食品にも含まれていますが、
クレンジングに色を付ける必要はないので、
ない方が良いです。

 

 

合成香料

天然香料とは違い、
化学的に合成したものです。

 

これもクレンジングに必要ありません。

 

 

鉱物油

植物油、動物油脂などがあり、
鉱物油とは、
石油などから作られた油の事です。

 

鉱物油はお肌への刺激が強いです。

 

メイクは油なので、
水では落ちません。

 

油は油を落とす必要があります。

 

ですのでほとんどのクレンジングには、
油が入っています。

 

しかし油も入っていない方が良いです。

 

 

石油系界面活性剤

多くのクレンジングに
界面活性剤が配合されています。

 

しかしお肌への刺激が強いです。

 

クレンジングになぜ界面活性剤が
必要なのでしょうか。

 

普通、油と水は結びつきません。

 

ですので化粧品を洗い流そうとしても、
水をはじいて洗い流せません。

 

界面活性剤を入れる事で、
水と油を結びつけて洗い流しやすくします。

 

しかし界面活性剤は食品にも含まれています。

 

特に石油系界面活性剤はお肌への刺激が強いです。

 

 

エタノール

エタノールとはアルコールの一種です。

 

エタノールは、
拭き取るタイプのクレンジングに
よく使われています。

 

お肌への刺激が強く、
敏感肌の人はエタノールが
配合されているのは使わない方が良いです。

 

 

パラベン

防腐剤の一種です。
食品やシャンプー、
化粧品にも含まれています。

 

 

紫外線吸着剤

紫外線吸収剤は、
皮膚の表面で紫外線を吸収し、
化学的にエネルギーに変えて、
放出します。

 

お肌の内部へ紫外線が
侵入するのを防ぎます。

 

紫外線吸収剤は、防御力が高い分、
お肌への刺激は強いです。

 

化粧品に入っていても、
クレンジングには必要ありません。

 

 

 

良いクレンジング

上で紹介した成分はお肌に良くありません。

 

着色料、合成香料、鉱物油、
石油系界面活性剤、エタノール、
パラベン、紫外線吸着剤。

 

また弱酸性のクレンジングが良いです。

 

これら7つの成分不使用で、
弱酸性、低刺激のクレンジングがあります。

 

と言うと疑問が生まれます。

 

メイクを落とすには油と界面活性剤が必要です。

 

油はメイクの油と馴染ませて、
界面活性剤は水で洗い流すために必要です。

 

この2種類はほとんどのクレンジングに配合されています。

 

だからお肌に悪いのですが・・・。

 

しかし油と界面活性剤を
含んでいないクレンジングがあります。

 

ではどうやって汚れを落とすのでしょうか?

 

 

 

それがこんにゃくスクラブです。

 

こんにゃくスクラブとは、
赤ちゃんの体を洗うスポンジにも
使われている成分なので、
お肌に優しいです。

 

とにかく柔らかく、
プニプニしていて気持ちが良いです。

 

こんにゃくスクラブが
汚れを吸着してくれるので、
こすらなくて良いのです。

 

こんにゃくスクラブを潰さないように、
優しくクルクルと軽くなじませるだけ。

 

水を含んで柔らかくなった、
こんにゃくスクラブが
メイクによる油性汚れから、
水溶性の汚れ、
毛穴の汚れまで
落としてくれます。

 

つまりW洗顔不要で、
毛穴の汚れまで吸着してくれます。

 

それがリダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント

 

 

 

30秒で落とすクレンジング

リダーマラボのモイストゲルクレンジングは、
30秒で汚れを落とします。

 

ファンデーション、日焼け止め、皮脂汚れ、
マスカラ、アイライン、ドーラン、口紅など
全てこれ1本で取ってくれます。

 

短時間なので、まつエクしていても大丈夫。

 

メイク落とし+洗顔+毛穴の汚れが、
これ1本でできます。

 

W洗顔不要で、毛穴の汚れ、
角栓まで取ってくれます。

 

界面活性剤など入って居ず、
6つの無添加で、弱酸性で低刺激です。

 

しかも99.3%が美容液成分なので、
まるで美容液で洗うような潤い実感。

 

つっぱるどころか、しっとり潤います。

 

エイジングケア成分42種配合されていて、
ハリ、透明感アップ。

 

手が濡れていてもOKなので、
お風呂場で使うことも出来ます。

 

リダーマラボのモイストゲルクレンジングなら、
低刺激なのでほとんどの人は、
パッチテストの必要がないです。

 

ただなかには合わない人も居るみたいです。

 

 

 

まとめ

クレンジングのパッチテストは、
薄めて使って下さい。

 

パッチテストの方法は上で紹介しました。

 

クレンジングに良くない成分は、
着色料、合成香料、鉱物油、
石油系界面活性剤、エタノール、
パラベン、紫外線吸着剤などです。

 

これら全て配合されてなく、
弱酸性のクレンジングがあります。

 

それがリダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

低刺激なのに30秒で汚れを落とします。

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント