レシチンはクレンジングに不向き!安全?欠点とは?

レシチンはクレンジングに不向き!安全?欠点とは?

クレンジングに配合されているレシチンとは、
どんな成分なのでしょうか?

 

レシチンとは安全なのでしょうか?

 

レシチンには欠点があり、
クレンジング剤には不向きです。

 

その理由を紹介します。

 

そもそも界面活性剤は必要でしょうか?

 

鉱物油も界面活性剤も不使用で、
良く落ちるクレンジングはあります。

 

レシチンはクレンジングに不向き!安全?欠点とは?

 

レシチンとは?

レシチンとは界面活性剤の一種です。

 

レシチンは食品、
化粧品などによく使われています。

 

クレンジング剤にも入っている事があります。

 

しかしレシチンは酸化しやすく、
界面活性剤の力は弱すぎます。

 

つまりクレンジングして、
水で洗い流すときに、
いつまでも、
べとべとしやすいと言う事になります。

 

そのため他の酸化剤や
界面活性剤を混ぜている場合が多いです。

 

 

 

レシチンは安全?危険?

レシチンは
卵黄や大豆に存在しているリン脂質の一種で、
天然の界面活性剤です。

 

天然の物なので安全では。

 

そう考えると思いますが、
安全性については大丈夫と言う人も居れば、
危険と言う人も居ます。

 

水素レシチン、水酸化レシチン、水添レシチンなどは、
レシチンと別物です。

 

レシチンよりも界面活性剤の力は強くなっていて、
アレルギーを起こす物もあります。

 

また界面活性剤は、
お肌への刺激が強いです。

 

レシチンはお肌への刺激が弱くても、
界面活性剤の力が弱く、
他の界面活性剤が混ざっていると、
結果、刺激が強いとなります。

 

 

 

と言う事でレシチンは
界面活性剤としては不向きです。

 

そもそも界面活性剤は必要なのでしょうか?

 

界面活性剤は何の為に必要なのでしょうか?

 

それぞれ詳しく説明します。

 

 

 

界面活性剤は必要?

ほとんどのクレンジングには
界面活性剤が配合されています。

 

界面活性剤とは
普段結びつかない水と油を
結びつけるのに使われています。

 

洗剤、ドレッシング、マヨネーズなども
水と油を結合させるので、
界面活性剤は配合されています。

 

良くないのは合成界面活性剤です。

 

メイクは油なので、
メイクなどの油を水で洗い流すのに、
界面活性剤が必要です。

 

しかし界面活性剤は、
お肌への刺激が強いです。

 

レシチンは比較的、刺激は弱いですが、
界面活性剤としての力は弱いです。

 

界面活性剤はほとんどのクレンジングに配合されていて、
メイクを洗い流すのには必要です。

 

 

 

界面活性剤は必要?

ここで再度、聞きますが、
界面活性剤は必要なのでしょうか?

 

必要と言う人がほとんどだと思います。

 

界面活性剤が無かったり、少ないと、
洗い流せず、いつまでもヌルヌルします。

 

拭き取れば良いのですが、
拭き取りによる摩擦でお肌への刺激が強いです。

 

拭き残しが出来、
それが毛穴に詰まり、
くすみ、角栓の原因となります。

 

中には界面活性剤が少なめのクレンジングがあります。

 

例えばミルクタイプのクレンジングなどは、
界面活性剤が少な目です。

 

しかしミルククレンジングは、
なかなか汚れは落ちないです。

 

まとめると界面活性剤は必要となります。

 

しかしここに
鉱物油も、
界面活性剤が配合されていないのに、
汚れをよく落とし、
洗い上がりもつっぱらず、
しっとり潤う
クレンジングがあると
言ったら驚きますか?

 

 

 

界面活性剤不使用で、良く落ちるクレンジング

鉱物油も界面活性剤も不使用なのに
良く落ちるクレンジングがあります。

 

そのクレンジングは、
どうやって汚れを落とすのか?

 

それが、こんにゃくスクラブです。

 

こんにゃくスクラブとは、
赤ちゃんの体を洗うスポンジにも
使われていると成分なので、
お肌に優しいです。

 

とにかく柔らかく、
プニプニしていて気持ちが良いです。

 

こんにゃくスクラブが
汚れを吸着してくれるので、
こすらなくて良いのです。

 

こんにゃくスクラブを潰さないように、
優しくクルクルと軽くなじませるだけ。

 

水を含んで柔らかくなった、
こんにゃくスクラブが
メイクによる油性汚れから、
水溶性の汚れ、
毛穴の汚れまで
落としてくれます。

 

こんにゃくスクラブは油ではないので、
洗い流すのに、
界面活性剤は必要ありません。

 

それがリダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント

 

 

 

 

リダーマラボの特徴

洗顔時間は30秒とスピーディーです。

 

ファンデーション、日焼け止め、皮脂汚れ、
マスカラ、アイライン、ドーラン、口紅など
全てこれ1本で取ってくれます。

 

短時間なので、まつエクしていても大丈夫。

 

メイク落とし+洗顔+毛穴の汚れが、
これ1本でできます。

 

W洗顔不要で、毛穴の汚れ、
角栓まで取ってくれます。

 

界面活性剤など入って居ず、
6つの無添加で、弱酸性で低刺激です。

 

しかも99.3%が美容液成分なので、
まるで美容液で洗うような潤い実感。

 

つっぱるどころか、しっとり潤います。

 

エイジングケア成分42種配合されていて、
ハリ、透明感アップ。

 

手が濡れていてもOKなので、
お風呂場で使うことも出来ます。

 

至れり尽くせりのクレンジングです。

 

 

 

まとめ

レシチンは比較的安全な界面活性剤です。

 

しかしレシチンは酸化しやすく、
界面活性剤の力は弱すぎます。

 

ですのでクレンジングとしては不向きです。

 

レシチンが配合されていても、
他の界面活性剤が配合されていては意味がありません。

 

界面活性剤はほとんどのクレンジングに配合されていて、
メイクを洗い流すのに必要です。

 

しかし界面活性剤不使用で、
良く落ちるクレンジングはあります。

 

こんにゃくスクラブが
汚れを吸着してくれるので、
鉱物油も界面活性剤も必要ありません。

 

洗顔時間は30秒とスピーディーです。

 

今なら半額、送料無料、
全額返金保証まで付いているでお得です。

 

リダーマラボを
1個買うともう1個プレゼント